前へ
次へ

気付きにくいガンに対応している医療機関

ガンの中には自覚症状が出た時点ですでに末期になっていた、というものもあります。
ガンができる部位によっても症状は様々です。
医療機関では深刻な症状ではないと検査をしないというところもあります。
違和感があるのに風邪や胃腸炎で済ませてしまい、処方された薬を服用していても全然症状が改善しないのでおかしいと感じて、別の医療機関を受診する、という人もいます。
しかしそこでも同じ診断が下されてしまい、結果的に気付いた時には手遅れだった、ということもあります。
これは特別なことではなく、よく起こっていることだそうです。
初期症状が出ているのに、検査もしないで放置してしまう、という医師は少なくはありません。
親身になって検査を行って何でもなかったら安心できるはず、と考えてくれる医師はあまりいないのが残念なところです。
それは医師不足も関係しているのかもしれません。
1人にかける時間も短くするしかない、ということが関係しているようです。

Page Top